HOME > サンファインTM PAKの特長 > サンファインTM PAKの塗膜性能

サンファインTM PAKの塗膜性能

このページを印刷
0.8×70×150mm鉄板(JIS G 3141 SPCCSD)に、膜厚約300μmに流動浸漬塗装したものについて、その性能を測定しました。

物理物性

 
試験項目 測定方法 単位 測定値
膜厚 膜厚計 μm 250-350
衝撃強度 デュポン式衝撃強度
(穴径=1/4インチ、荷重=1kg、高さ=50cm)
割れなし
屈曲試験 JIS K 5600-5-1:1999 屈曲試験機 【心棒の径】 mm <2
エリクセン試験 エリクセン試験機 mm >10
引っかき硬度 JIS K 5400:1990 - 6B
光沢度 グロス・メーター % 80-95
ピンホール ピンホールテスター 個数 0
 

化学物性 (JIS K 5400:1990)

 
  測定方法 測定結果
耐水性 室温の水に浸漬 30日間異常なし
耐沸騰水性 沸騰水中に浸漬 30日間異常なし
耐アルカリ性 40% NaOH 30日間異常なし
耐酸性 30% H2SO4 30日間異常なし
耐塩水性 3%食塩水 30日間異常なし
耐揮発油性 トルエン中に浸漬 塗膜は多少膨潤する
耐塩水噴霧試験 クロスカットなし 30日間異常なし
界面活性剤溶液 0.5%界面活性剤液(50℃) 30日間異常なし
これらの数値は、定められた試験法に基づいて得られた代表値であり、個々の用途に最適なグレードを選ぶ目安としてご参照下さい。なお、これらの数値は物性改良のため変更することもあります。